獨協大学のキャンパス

獨協大学の偏差値ランキング 2021~2022 一覧【学部別 最新データ】

獨協大学の偏差値ランキング 2021~2022年一覧【学部別 最新データ】

AI(人工知能)が算出した日本一正確な獨協大学の偏差値ランキングです。

獨協大学に合格したいなら、私たち『大学偏差値 研究所』の偏差値を参考にするのが合格への近道です。

獨協大学の偏差値ランキング2021~2022 一覧【学部別最新データ】

この記事は、こんな人におすすめ

  1. 日本一正確な獨協大学の偏差値ランキング・入試難易度を知りたい方
  2. 河合塾・駿台・ベネッセ・東進など大手予備校・出版社の偏差値の正確性に疑問をお持ちの方
  3. 獨協大学を第一志望にしている受験生の方・獨協大学を受験される受験生の方
ランキング 学部(学科・専攻コース) 偏差値
1位 外国語学部(交流文化学科) 60
1位 外国語学部(英語学科) 60
3位 国際教養学部(言語文化学科) 59
4位 外国語学部(ドイツ語学科) 58
5位 外国語学部(フランス語学科) 57
6位 法学部(法律学科) 56
7位 法学部(国際関係法学科) 55
8位 経済学部(経営学科) 54
9位 経済学部(経済学科) 53
9位 経済学部(国際環境経済学科) 53
11位 法学部(総合政策学科) 52

偏差値情報・記事の転載は自由

当サイトの偏差値情報・すべての記事の転載は自由に行っていただいて構いません。

ただし、当サイトの転載元ページ若しくはトップページに対してリンクを設置してください。

獨協大学は、GMARCHに次ぐ偏差値・難易度・レベルを誇る「私立の中堅上位の大学」

獨協大学(どっきょうだいがく)は、埼玉県草加市に本部を置く私立大学です。

獨協大は、外国語学部・経済学部・法学部・国際教養学部からなる文系の総合大学です。

語学教育に定評があり「語学の獨協」とも言われており、外国語学部は看板学部として知られています。

獨協大は、1883年にドイツの文化と学問を学ぶため創設された「獨逸学協会学校(どいつがくきょうかいがっこう)」を前身としており、伝統的にドイツ学(ドイツに関する教育・研究)について定評のある大学です。

外国語学部のドイツ語学科は、ドイツ語学科としては国内最大規模であり、ドイツ語を学ぶ環境しては日本屈指の充実度を誇ります。

大学の略称は、獨協、獨大。

獨協大学の大学偏差値は56.8
獨協大学は、関東の私立大学では、GMARCH(明治大・立教大・青山学院大・中央大・法政大・学習院大)に次ぐ偏差値・難易度・レベルを誇ります。
関東の私立大学の序列では、GMARCHに次ぐレベルの私大中堅上位の大学と言って良いでしょう。

GMARCH(ジーマーチ)+獨協大の偏差値・難易度比較

GMARCH(ジーマーチ)は、早慶上智ICUに次ぐ、偏差値・難易度を誇る『私立の難関大学グループ』です。

GMARCHを構成するのは、東京に本部を置く私立大学、明治大・青山学院大・立教大・中央大・法政大・学習院大の6大学。

一般的に、獨協大は、関東の私大ではGMARCHの下に位置する偏差値・難易度・レベルという評価をされています。

GMARCH+獨協大の偏差値を大学偏差値(全学部の平均偏差値)でランキングすると、立教大がトップ、次いで青山学院大明治大が続き・中央大・法政大・学習院大・獨協大の順となります。

獨協大の難易度・レベルとしては、GMARCH下位の法政大・学習院大を下回る水準です。

獨協大は、関東の私立大学では、中堅上位に位置する大学です。

■GMARCH(ジーマーチ)+獨協大の大学偏差値ランキング

  1. 立教大 64
  2. 青山学院大 63
  3. 明治大 62.9
  4. 中央大 61.2
  5. 法政大 60.8
  6. 学習院大 60.6
  7. 獨協大 56.8

獨協大の大学偏差値は56.8

関東の私立大学ではGMARCHに次ぐ偏差値・難易度・レベルを誇る『私立の中堅上位』。

公式サイト:獨協大学

獨協大学の偏差値・入試難易度・評判などについての口コミ

獨協大学の偏差値・入試難易度・評判などについて

  • 在学生、卒業生、予備校講師、塾講師、家庭教師、高校の先生、企業の経営者・採用担当者などに行ったアンケート調査結果
  • 読者の方からいただいた口コミ情報

をご紹介しています。

※口コミをされる場合は、このページ最下段の「口コミを投稿する」からお願いします。編集部スタッフが審査を行った後、記事に掲載させていただきます。

獨協大学の口コミ

塾講師

■獨協大学の偏差値(2021年版)

  • 河合塾:50.0~57.5
  • 駿台:42.0~51.0
  • ベネッセ:55.0~69.0
  • 東進:53.0~61.0

獨協大学・卒業生

■獨協大学の偏差値(河合塾) 

獨協大学の学部別偏差(河合塾)の一覧です。

  • 外国語学部 50.0~57.5
  • 国際教養学部 52.5~55.0
  • 経済学部 47.5~50.0
  • 法学部 47.5~50.0

30代・男性

■学習院+成成明学獨國武の就職偏差値

就職力ランキング

学習院>成蹊>明治学院・成城>武蔵・独協・國學院

ブランド力・知名度ランキング

学習院>成蹊>明治学院・成城・國學院>獨協>武蔵


獨協大学・在学生

■獨協大学の評価・評判

獨協大学は、知名度は高くないですが語学を学ぶにはとても良い環境にある大学です。
教育の質が高く、堅実な大学として評判がいいです。

キャンパスが埼玉県草加市にあるため、同じ成成明学獨國武でもキャンパスの立地に恵まれてロケーションが良い成蹊大・成城大・明治学院大と比べるとおしゃれ感はありません。

獨協大学の最大の特徴は、「語学の獨協」と言われ語学学習の環境が整っているということです。

外国語学部では、入学後の1年間は授業の多くがネイティブスピーカーの先生による授業ですので、自然に英語力が上がります。

学内の国際交流センターでは、留学生と英語でコミュニケーションをとる機会もあります。

日本にいながら海外留学と同じ環境で学習できますので自然に英語力を向上させることができる点が獨協大の大きなメリットです。


予備校講師

■私立文系の大学偏差値ランキング(河合塾 2021年)

※主要学部(法・経済・経営・商・文)の平均偏差値

首位に早稲田大、2位に慶應義塾大と名門「早慶」が並びます。

3位に早慶上智の一角「上智大」。

続いて、偏差値62.5には、関西私立トップの同志社とGMARCH上位の立教、明治、青山学院。

偏差値60には、中央大、立命館大、法政大、学習院大。関関同立、GMARCHといった関東・関西の難関私大グループが並びます。

偏差値57.5に、関西学院大、関西大と関関同立から2大学。成成明学獨國武から成蹊大・明治学院大・國學院大・武蔵大がランクイン。

偏差値55には、日東駒専の東洋大・専修大などが入っています。

偏差値52.5には、日東駒専から日本大・駒澤大・成成明学獨國武から獨協大などが入っています。

  1. 偏差値70.0:早稲田大
  2. 偏差値67.5:慶應義塾大
  3. 偏差値65.0:上智大
  4. 偏差値62.5:同志社大、立教大、明治大、青山学院大
  5. 偏差値60.0:中央大、立命館大、法政大、学習院大
  6. 偏差値57.5:関西学院大、関西大、成蹊大、明治学院大、國學院大、武蔵大
  7. 偏差値55.0:成城大、南山大、西南学院大、東洋大、近畿大、専修大
  8. 偏差値52.5:甲南大、日本大、駒澤大、獨協大、立正大、東京経済大
  9. 偏差値50.0:龍谷大、京都産業大、関東学院大、神奈川大
  10. 偏差値47.5:大東文化大、摂南大、大阪経済大、追手門学院大

関連記事

MARCH(マーチ)の偏差値ランキング 一覧【学部別 最新データ】

関連記事

MARCH(マーチ)の偏差値ランキング 2021~2022年一覧【学部別 最新データ】 AI(人工知能)が算出した日本一正確なMARCH(マーチ)の偏差値ランキングです。 MARCH(マーチ)に合格したいなら、私たち『大[…]

MARCH(マーチ)の一角「明治大学」のキャンパス
獨協大学のキャンパス
最新情報をチェックしよう!

獨協大学の最新記事8件