江戸川大学のキャンパス

江戸川大学はfランクか?江戸川大の偏差値・レベル・ランク・難易度を徹底解説

江戸川大学はfランクなのか?

江戸川大学の偏差値・レベル・ランク・難易度を徹底解説します。

江戸川大学に合格したいなら、私たち『大学偏差値 研究所』の偏差値を参考にするのが合格への近道です。

江戸川大学はfランクなのか?

江戸川大学のキャンパス

読者の方から「江戸川大学はfランクの大学なのでしょうか?」というご質問をいただきました。

そこで今回は、江戸川大学の偏差値・受験レベル・ランク・入試難易度について、詳しく解説します。江戸川大は本当にfランク大学なのか、検証してみましょう。

先ず、河合塾の偏差値から見てみましょう。

江戸川大学の偏差値(河合塾)

河合塾では、江戸川大学の偏差値は下記のようになっています。

  • 社会学部:47.5
  • メディアコミュニケーション学部:40.0 – 42.5

偏差値40台となっており、fランクとは言えない水準です。

ただし、数年前まで遡って見てみると、その偏差値はBF~30台後半であり、学科によってはfランク、その他の学科もfランクに近い水準であったことが分かります。

ここ数年で偏差値が上昇していますが、数年前の時点では、fランク大学と言われても仕方ないレベル・難易度だったことが分かります。

江戸川大学の偏差値(大学偏差値 研究所)

大学偏差値 研究所の最新データでは、江戸川大の偏差値は38~44となっています。

下位学部では偏差値30台でfランクに近い水準にあるのが分かります。

大東亜帝国との比較

関東の中堅私立大学グループである「大東亜帝国」の偏差値帯が50前後になっています。

大東亜帝国の合格者は、大学受験生の学力の平均レベルにあると言って良いでしょう。

大東亜帝国と比べると江戸川大の偏差値水準は、数ランク低いレベルになっています。

大東亜帝国でさえ、ネット上では「fランク大学」と揶揄されることが多々ありますので、大東亜帝国以下の偏差値レベルの大学ですと、ネット上の評価は「完全なfランク」となってしまうことが圧倒的に多くなります。

■大東亜帝国+江戸川大の偏差値ランキング

  1. 亜細亜大学:51.4
  2. 国士舘大学:50.6
  3. 大東文化大学:49.6
  4. 東海大学:48.6
  5. 帝京大学:48.5
  6. 江戸川大:41.2

※全学部・学科の平均偏差値

江戸川大学の偏差値(東進)

最後に東進の偏差値を見てみましょう。

東進の偏差値では、34~38と低めに出ています。

下位学部はfランク相当、上位の学部でもfランクに近い水準です。

江戸川大学の入試倍率

次に、江戸川大の入試倍率を見てみましょう。

社会学部の一般入試倍率

社会学部の一般入試では、募集人数167に対し、受験者数898、合格者88、倍率は10.2倍となっています。

「受験すれば誰も受かる」というレベルではないことが分かります。

江戸川大学は、試験で名前さえ書けば全員合格出来る、正真正銘のFラン大学」といったような解説をしているサイトがあるという情報をいただきましたが、「試験で名前さえ書けば全員合格出来る」というのは事実ではありません。

ただし、合格者460に対し、推薦入試で270、AO入試で102、推薦&AO入試で合計372人の合格者を出しています。

合格者の約8割が、推薦&AO入試での合格者となっており、推薦&AO入試で入学した学生の割合が非常に高くなっています。

一方で、一般入試での合格者は、合格者全体の約19%と非常に少ない割合です。

メディアコミュニケーション学部の一般入試倍率

次に、メディアコミュニケーション学部を見てみると、一般入試の受験者数706に対し合格者191で、倍率は3.7倍

一般入試での合格者の割合は、全体の約44%。

合格者に占める推薦&AO入試の合格者の割合は約55%と、社会学部ほどではありませんが高い数値となっています。

江戸川大学は、推薦&AO入試の合格者の割合が多く、一般入試の偏差値が高く出る

江戸川大は、一般入試での合格者が少ないため、一般入試の偏差値が高く出る傾向にあります。

偏差値操作」と言われても仕方がない面があるように感じるのは私だけでしょうか?

もし、推薦&AO入試の合格者数を絞り、一般入試の合格者を増やした場合、江戸川大の一般入試での偏差値はもっと低く出るはずです。

恐らく、偏差値40割れ水準でfランクに近い水準になるのではないかと予想されます。

【まとめ】江戸川大学はfランク大学か?

江戸川大学の偏差値は、ここ数年上昇しており、河合塾の偏差値基準ではfランクとは言えない水準となっています。

しかし、江戸川大は、一般入試での合格者が少なく、推薦&AO入試の合格者者の割合が極めて高い傾向にあります。

一般入試の偏差値が高く出る入試制度となっており、偏差値操作と言われても致し方ない面があるように感じます。

実質的には、fランクに近いレベルにあり、fランク大学と言われても仕方がない面があるのではないでしょうか。

もし、fランク大学だったとしても、入学後に学業へ取り組む姿勢こそが最も大切です。

fランク大学からでもWスクールで資格を取るなど努力をして、就職偏差値の高い企業に就職する学生もいます。

入学後の努力こそが最も大切であるという点は、忘れないようにしてください。

江戸川大学は、偏差値的にみると必ずしもfランクレベルとは言えない。しかし、実質的にはfランクに近い水準と言われても仕方が面がある。

江戸川大学の偏差値ランキング 学部学科別一覧【最新データ】

 

この記事は、こんな人におすすめ

  1. 日本一正確な江戸川大学の偏差値ランキング・受験レベル・ランク・入試難易度を知りたい方
  2. 河合塾・駿台・ベネッセ・東進など大手予備校・出版社の偏差値の正確性に疑問をお持ちの方
  3. 江戸川大学を第一志望にしている受験生の方・江戸川大学を受験される受験生の方
ランキング・ランク学部(学科・専攻コース)偏差値
1位社会学部(人間心理学科)44
2位社会学部(現代社会学科)43
3位社会学部(経営社会学科)42
4位メディアコミュニケーション学部(マス・コミュニケーション学科)41
5位メディアコミュニケーション学部(こどもコミュニケーション学科)39
6位メディアコミュニケーション学部(情報文化学科)38

江戸川大学の偏差値:41.2

※全学部、全学科の平均偏差値(二部は除く)

※BF(ボーダーフリー)の学部については偏差値30で換算

江戸川大学は、Dランクの偏差値・難易度・レベルに位置する私立大学

江戸川大学(えどがわだいがく)は、千葉県流山市に本部を置く私立大学です。

江戸川大は、1931年に開校された「城東高等家政女学校」を前身とし、1990年に開学されました。

大学の略称は、江戸大。

実業界出身の教員による生きた授業で実践力を養う

江戸川大は、全ての学部・学科において、実業界出身の著名な教員・非常勤講師が多く、各業界での経験を生かした実践的な授業が特徴です。

新聞社、出版社、IT企業、旅行会社、化粧品メーカー、家庭裁判所など、さまざまな業界から豊富な経験と実績を持つ教員を招聘しています。

少人数制のゼミナール

江戸川大では、少人数制でのゼミナール教育を重視しています。

  1. 1年次には基礎ゼミや学科基礎演習
  2. 2年次には学科演習・実習
  3. 3年次には専門ゼミナール
  4. 4年次には卒業研究

といった流れで、研究や討論を実践的に積み上げる学生参加型の少人数授業を実施します。

江戸川大学の偏差値は41.2

江戸川大は、Dランクの偏差値・難易度・レベルに位置する私立大学です。

※Dランク大学:全学部の平均偏差値が40~45未満の大学

江戸川大学の偏差値は41.2

江戸川大は、Dランクの偏差値・難易度・レベルに位置する私立大学。

公式サイト:江戸川大学

江戸川大学の偏差値・入試難易度・評判などについての口コミ

江戸川大学の偏差値・入試難易度・評判などについて

  • 在学生、卒業生、予備校講師、塾講師、家庭教師、高校の先生、企業の経営者・採用担当者などに行ったアンケート調査結果
  • 読者の方からいただいた口コミ情報

をご紹介しています。

※口コミをされる場合は、このページ最下段の「口コミを投稿する」からお願いします。編集部スタッフが審査を行った後、記事に掲載させていただきます。

江戸川大学の評判・口コミ

塾講師

■江戸川大学の偏差値 2021年

  • 河合塾:40.0~45.0
  • 駿台:BF~38.0
  • ベネッセ:46.0~56.0
  • 東進:34.0~38.0

■江戸川大学の学部別偏差値一覧(河合塾 2021年)

  • 社会学部:45.0
  • メディアコミュニケーション学部:40.0 – 42.5

高校教師

■江戸川大学はfランク大学か?

江戸川大学の偏差値(河合塾)は、数年前の時点ではBF~30代後半であり、いわゆるfランク大学でしたが、最近は河合塾の偏差値が上昇傾向にあり、偏差値40以上あります。

偏差値的にはfランク大学とは言えないでしょう。

ただし、東進の偏差値では、多くの学部の偏差値がBF~30台となっており、fランク~fランク寸前の大学という評価だと思います。

江戸川大学のキャンパス
最新情報をチェックしよう!