東京農業大学(世田谷キャンパス)

東京農業大学の偏差値ランキング 2021~2022 学部別一覧【最新データ】

東京農業大学の偏差値ランキング 2021~2022年 学部別一覧【最新データ】

AI(人工知能)が算出した日本一正確な東京農業大学の偏差値ランキング(学部別)です。

東京農業大学に合格したいなら、私たち『大学偏差値 研究所』の偏差値を参考にするのが合格への近道です。

東京農業大学の偏差値ランキング2021~2022 学部別一覧【最新データ】

この記事は、こんな人におすすめ

  1. 日本一正確な東京農業大学の偏差値ランキング・入試難易度・レベルを知りたい方
  2. 河合塾・駿台・ベネッセ・東進など大手予備校・出版社の偏差値の正確性に疑問をお持ちの方
  3. 東京農業大学を第一志望にしている受験生の方・東京農業大学を受験される受験生の方
ランキング学部(学科・専攻コース)偏差値
1位応用生物科学部(栄養科学科)59
2位応用生物科学部(醸造科学科)56
2位生命科学部(バイオサイエンス学科)56
4位応用生物科学部(農芸化学科)55
5位応用生物科学部(食品安全健康学科)54
5位農学部(農学科)54
7位農学部(生物資源開発学科)53
7位農学部(動物科学科)53
7位生命科学部(分子生命化学科)53
7位地域環境科学部(森林総合科学科)53
11位地域環境科学部(地域創成科学科)52
11位生命科学部(分子微生物学科)52
13位生物産業学部(海洋水産学科)50
13位地域環境科学部(生産環境工学科)50
13位農学部(デザイン農学科)50
13位国際食料情報学部(国際バイオビジネス学科)50
13位国際食料情報学部(国際農業開発学科)50
13位国際食料情報学部(食料環境経済学科)50
13位国際食料情報学部(国際食農科学科)50
13位地域環境科学部(造園科学科)50
21位生物産業学部(北方圏農学科)48
22位生物産業学部(食香粧化学科)45
23位生物産業学部(自然資源経営学科)43

東京農業大学の偏差値:51.6

※全学部・全学科の平均偏差値

偏差値情報・記事の転載は自由

当サイトの偏差値情報・すべての記事の転載は自由に行っていただいて構いません。

ただし、当サイトの転載元ページ若しくはトップページに対してリンクを設置してください。

東京農業大学は、日本で初めての私立の農学校。私立中堅レベルの偏差値・難易度を誇る

東京農業大学(世田谷キャンパス)

東京農業大学は、東京都世田谷区に本部を置く私立の農業大学です。

東京農業大の前身である「東京農学校」は、日本で初めての私立の農学校であり、2018年度に新潟食料農業大学が開学するまでは、日本唯一の農学専門大学でした。

東農大は、「農業後継者・地域社会の担い手の育成」を目標としている大学ですが、現在では、農学に加え、生命科学、環境科学、情報科学の分野も扱っています。

大学の略称は、東京農大、農大、東農大、TUA。

東京農業大学の偏差値は51.6 

東京農業大学は、日本で初めての私立の農学校で、私立中堅レベルの偏差値・難易度を誇ります。

東京農業大学の偏差値は51.6

日本で初めての私立の農学校。私立中堅レベルの偏差値・難易度を誇る。

公式サイト:東京農業大学

東京農業大学の偏差値・入試難易度・評判などについての口コミ

東京農業大学の偏差値・入試難易度・評判などについて

  • 在学生、卒業生、予備校講師、塾講師、家庭教師、高校の先生、企業の経営者・採用担当者などに行ったアンケート調査結果
  • 読者の方からいただいた口コミ情報

をご紹介しています。

※口コミをされる場合は、このページ最下段の「口コミを投稿する」からお願いします。編集部スタッフが審査を行った後、記事に掲載させていただきます。

東京農業大学の口コミ

塾講師

■東京農業大学の偏差値 2021年

  • 河合塾:40.0~55.0
  • 駿台:41.0~50.0
  • ベネッセ:50.0~64.0
  • 東進:45.0~62.0

■東京農業大学の学部別偏差値(河合塾)

  • 農学部:42.5 – 47.5
  • 応用生物科学部:47.5 – 55.0
  • 地域環境科学部:42.5 – 45.0
  • 国際食料情報学部:42.5
  • 生物産業学部:40.0 – 45.0
  • 生命科学部:45.0 – 50.0

東京農大OB

■東京農業大学(国際食糧情報学部)の評判

キャンパスは世田谷(経堂)にあり立地は良い。

農業・食糧問題を軸にしているが実質的には経済・経営系学部である。

学部名からはどんなことを学ぶのか分かり難いのが人気が出ない要因になっていると思う。

他の文系大学ならもっと偏差値・難易度ともに上がって良いだけの価値がある学部だと思う。

河合塾の偏差値で45.0、倍率2.5倍というのは余りにも評価不足であろう。学部名称から受験生が敬遠しているように思う。

偏差値・難易度以上に実力のある穴場学部なので受験生には是非おすすめしたい。


東農大OB

■東京農業大学(農学部)の評判

農業系大学の雄。

高い教育力、研究力があり、意外と思われるだろうが就職実績も高い。

農業という地味なイメージが災いして不人気なのだろうがもっと人気があっても良いだろう。

キャンパスが利便性の高い世田谷キャンパスではなく、神奈川・厚木キャンパスなのがこの学部の欠点。

陸上部は箱根駅伝に60回以上出場している名門だが、ここのところ低迷し本選出場を逃している。箱根で活躍してくれると知名度が上がり、偏差値や人気も上昇すると思うのだが・・・


東農大OB

■東京農業大学(生物産業学部)の評判・口コミ

生物産業学部の偏差値・難易度が低く不人気の理由はキャンパスの立地。

北海道・オホーツクキャンパスで4年間も学ばなくてはならない。

北海道の広いキャンパスで大自然を満喫したい方にはお勧めかも。


東農大OB

■東京農業大学はfランク大学!?

稀に「東京農業大学はfランク大学」などと言う人を見かけますが、東京農業大学はfランク大学ではありませんので、受験生の皆さん安心してください。

東京農業大学はほとんどの学部で偏差値は50以上、上位学部は偏差値60近くあります。大学全体の偏差値も50以上あり、fランク大学ではありません。

農業専門の大学ということでIT関連などと比べると地味なイメージがあるのと、農業をバカにしている人やMARCH以上の大学の卒業生が上から目線で「fランク」と言っているだけなので気にする必要はありません。

世界的な人口増加から将来的に食糧難の時代がやってくると言われていて、農業が見直される時代になっています。また、昔の農業と今の農業はイメージが全く違い、自走式のトラクターやドローンを使った農薬散布など、スマート農業の時代になっています。

農業は3Kで儲からないと言われていた時代とは違い、今はやり方次第で農業は儲かる職業なんです。

東京農業大学(世田谷キャンパス)
最新情報をチェックしよう!

    東京農業大学の最新記事8件